コラム -Column-

アルムナイ制度のメリットとデメリットを紹介!

アルムナイ制度をご存知ですか?
アルムナイ制度とは退職した社員を雇用する再雇用制度のことを指します。
外資系企業では導入している企業が多くありますが、近年日本企業でもアルムナイ制度を取り入れる企業が増えてきています。
こちらの記事ではアルムナイ制度のメリットとデメリットをお話していきます。

アルムナイ制度とは?

 アルムナイを日本語訳すると「学校の卒業生」という意味になります。
その意味合いを用いて企業の元社員をアルムナイと呼び、再雇用をしていく制度がアルムナイ制度になります。

これまでのように退職をネガティブに捉えるのではなく、退職した社員を自社のリソースとして活用する制度になります。

アルムナイとなった元社員を組織化して、定期的な情報提供やセミナーの開催、アルムナイを集めた懇親会を開催して異業種交流をする企業もあります。
このようにアルムナイにとってもメリットとなる組織を形成して、退職後も自社に繋ぎとめていける制度になります。

アルムナイ制度のメリット

自社にとってスキルの高い労働力の確保

自社にとってスキルの高い労働力の確保

即戦力や経験値を、自社に活かせるのも魅力のひとつ。

少子高齢化により日本の労働人口は年々減少しております。
アルムナイ制度を活用して元社員を再雇用することは労働力の確保に繋がります。
しかも、元社員なので自社のサービスや社風などをある程度理解しているので、言うまでもなく即戦力になります。
また、その元社員は転職により様々な業界や企業で経験を積んできている人になります。
外部で得た知識や経験を自社で活用してもらうことで、単純な労働力だけではないリソースを獲得することができます。

教育コストの削減用

 通常の新規採用した社員には自社のサービスや仕事の進め方などの教育をする必要があり、戦力化するまで時間とコストがかかります。
しかし、再雇用した自社の社員であれば、ブランクはあったとしてもある程度自社のサービスについて理解がある人になりますので、教育コストを大幅に削減することができます。

販路拡大

販路拡大

仕事がスムーズに進むのはもちろん、販路拡大のチャンスにも!

アルムナイとして繋ぎ止めていることで、他業種に転職した元社員を通じてその企業と接点を持つ機会を得ることができます。
また自社のことをよく知っている元社員と取引を進めることで仕事もスムーズに進みやすくなります。

アルムナイ制度のデメリット

既存社員の士気低下

制度導入背景やメリットを説明して、既存社員の理解を得よう!

アルムナイ制度と称して出戻りを推奨している訳ですから、長年勤続している既存社員からは反発があってもおかしくありません。
それにより既存社員のモチベーションが下がってマイナスな影響が発生する可能性があります。
アルムナイ制度を取り入れる背景や上記のようなメリットを説明して既存社員の理解を得ることが必要です。

情報漏えいのリスク

アルムナイは元社員とはいえ現在は外部の人です。
情報提供にあたって自社の機密情報を提供してしまうと、思わぬマイナスな悪影響が発生する可能性がありますので情報管理の徹底が必要になります。

制度運営のコスト

アルムナイ制度を維持していくためには、元社員を組織化して繋ぎ止めていく必要があります。
元社員にとってもメリットがなければ成り立ちません。
情報提供や懇親会の定期開催など制度運営をしていくにはコストがかかります。

まとめ

アルムナイ制度にはメリットとデメリットが双方あり、自社の状況に合わせて導入を検討するのが良いでしょう。
しかし、年々労働人口が減少している日本において、通常の採用活動では優秀な労働力を確保することは難しくなっているのは事実です。
アルムナイ制度を取り入れて自社にとって即戦力となる元社員を採用する動きは今後活発になっていくかもしれません。

関連記事

TOP